塾の差別化としてMDAのカリキュラムの導入

 かねてから様々に方向性が検討されてきた、現行の「大学入試センター試験」に代わる新しい大学入試制度について、文部科学省の中央教育審議会(中教審)は、2014年12月下旬に、センター試験を廃止して新テストを実施し、大学入試を改革するように下村博文文部科学大臣に答申しました。これによって、現在の小学校6年生が受験する2020年度からは、大学入試制度が大きく変わる見通しが明らかになりました。
 「新大学入学希望者学力評価テスト」では、これまで暗記した知識の「量」が重視されてきたテストに代わり、思考や判断など知識の「活用力」を問うものになるといわれています。教科を横断した「合教科・科目型」「総合型」の出題もされ、解答は一部を記述式に変更、試験は複数回行われる形になるということです。
また、英語は「読む」「聞く」だけではなく、「書く」「話す」も含めた能力をバランスよく評価するということで、事前にこの4技能を測る外部の英語能力判定試験で基準スコアを満たせば、英語の試験を受けなくてもいい制度なども導入が検討されています。つまり、日本国の教育制度が、記憶力からどんどん離れようとしているという事実にほかなりません。


 それでも、多くの国家試験や、各種資格試験等における試験方法は暗記科目が大半を占めます。「新大学入学希望者学力評価テスト」は、あくまでも入学志望者のランク付けのKPIを変更するだけであり、専門知識を記憶することが世の中から不要になったわけでは全くありません。私達日本記憶能力育成協会は、このような教育制度の変化や、IT化によって劣後されゆく記憶力という分野にフォーカスし、より簡単に、よりスピーディーにあらゆる分野において記憶能力を駆使した学習プログラムを提案します。



導入事例

茨城県私塾3店舗経営(写真)
茨城県での資格獲得
群馬県私塾2店舗経営



導入プロセス

当協会(MDA)にご来場頂き、簡単な記憶能力のレクチャーを行います。それに伴いお客様の教育プログラムと親和性の高い提携方法を幾つか検討した上で、お客様から1名を講師養成プログラムに派遣するまでをご検討頂きます。

MDA教育プログラムを受講頂き(池田義博による約4回の個人授業)、講師となって頂きます。その中で、貴社の取り扱う教育商材を活用しながら記憶法をその中にどのように落としこむのがベストなのかということを共に検討します。

FC契約又は業務提携契約をMDAとお客様間で締結します。更に、MDAのカリキュラムが導入されている教育機関として、メディア掲載、広告連携等を行います。MDAへの取材等が入る場合は講師もご紹介させて頂く予定です。

MDAの本稼働を開始します。初回の授業は池田義博会長本人が訪問し行うことも可能です。



事前面談 お申し込みフォーム

無題ドキュメント