受講実績

MDA(日本記憶能力育成協会)の講座を受講いただいた方々の感想です。いろいろな立場から率直なコメントをいただきました。

経営者

私は経営者として幾つかの事業を営んでおります。こなさなければならないタスクが山程あるなかで、優先順位付けをしながら処理し、またその最中にも次の優先度の高いタスクが舞い降りてくる、といった中で日々奮闘しております。また、特に最近はシリアルアントレプレナーとして活躍をしたいという強い目標があり、そのため事業だけではなく様々な学問に触れて広く深い知識を身につけておくべきだと考えています。その実現のために夜には勉学などにも時間を割いております。更に、現在は月に数回は百名規模以上の前でお話をさせて頂く機会なども増えてまいりまして。上記のあらゆる要素に対して、記憶力の重要性が高まってきたと考えています。

営業職

私が考える営業職として重要な要素は、1.お客様の情報、2.自社の製品情報、3.自分のタスクの処理の迅速さだと思います。私に限らず、この3つの情報の引き出しが不足しているが故に、なかなか営業成績が上がらないという方が多いかと思います。私もその1人でした。MDAの職能別クラスの受講し、記憶の技術を徹底的に学んだ上で、私は前述の3つの領域において徹底的に力を注いで記憶するよう努めました。その結果、ベテラン社員よりも圧倒的に差がつき、気付いたら社内でナンバーワンの営業成績になっていました。
記憶力が上がるだけで、辛かった仕事がこんなに楽しくなるなんて思ってもいなかったので、私は社内の仲間には教えたくないのが本音です。


フラワーアート講師

私はカルトナージュ、プリザーブドフラワーの講師として働いています。多い日は1日100名以上の方とお会いすることもあり、お客様の顔とお名前を一致させるのが本当に大変でした。更に、スクールを気に入って再度ご来場頂いた際に、お顔を見ただけでは以前どの回を受講された方のか、ということもわからなくなってしまい、お客様が大変残念な顔をされていたことが本当に悔しくて、MDAを受講するきっかけとなりました。今では、ほとんどの方の顔と名前が一致し、以前受講された内容もしっかりと覚えているので、受講者の方が同じようなカルトナージュのクラスを受講しようとしていると、「そちらは以前近しいものを受けていらっしゃいますので、こちらのほうがお奨めです」と自信を持って笑顔でお伝えできます。当然お客様もすごく喜んで下さいます。